京都のホテル 口コミ人気ランキング2013年11月12月

編集後記

来日する知人友人のためのホテルを久々にこちらで手配を請け負ってみたものの、想像以上に選択肢が増えていて時間がかかりました。

 

簡単にオンラインで検索や予約ができるようになったのはいいのですが、旅行に限らず、こんどは情報を取捨選択してくれるサイトが欲しくなってきました。そんなわけで、今後も役立つリストを作っておこうと思ったのがきっかけで、このサイトを立ち上げました。(時間が出来れば英語版も作りたいです。)

 

お気に入りの検索サイトで、欲しい情報がみつからなければ、別サイトへ行きますが、料金やプラン、マップなどの表示の仕方がそれぞれちょっとずつ違う。

 

機能だけで言うと、一番使いやすいと感じるのは一休で、基本情報のページの一番下にそのホテルの最安料金の空室カレンダーが付いていることが、すごくいいと思います。ほかの検索サイトでは、この空室カレンダーが、プランごとに分かれている場合が多く、満室だと思っていたら料金が違えばまだ空いているということがかなりあります。

 

また、4人での旅の場合、4人一部屋が選択できるかどうかのチェックや、1人と3人に分ければまだ空室があるかどうかを見たい場合がありますが、これも、一休の場合は人数の「タブ」がカレンダーに最初からついているので、ドロップダウンボックスで選択して、ボタンをクリックして、という煩わしさがありません。
 プランの詳細を見たいときも、ぎりぎりまで個人情報の入力を要求されずに見続けられるのは、本当に使い手の立場にたって作られていると思います。

 

とはいえ、楽天トラベル、じゃらん.net、ヤフートラベルなど、それぞれの強みがあるので、優柔不断な性格だと検索だけで1日過ぎてしまいます(号泣)。

 

予約料金に応じたポイント還元が受けられるときは、宿泊以外でも利用できる楽天やヤフーがいいし、じゃらんでしか掲載されていない、超リーズナブルなホテルなどもあります。また、じゃらんは旅慣れした人のレビューが豊富で参考になったりします。

 

これらのネットビジネス系列の検索サイトでいいのが、料金がほぼ必ず消費税・サービス料込みで、1人当たり料金を明記してあることです。これは大手旅行代理店が主催しているサイトなどでは、掲載する最安値プランがすでに本当の最安値の倍ぐらいであったり、カッコ書きしてあるのは1人料金ではなく子ども料金であったり、個人情報を入力する段階まで税サ込み料金を見れなかったりすることです。

 

また、Hotels.comは、英文への切り替えが簡単なので、海外の友人と情報をシェアするのに適しています。しかも、一見高級ホテルだらけなのですが、たとえば、今回まだリストアップしていない、四条河原町のザ・スクリーンなどは、ツイン利用時の1人当たり料金が1万円を割ることはまずないのですが、同サイトから詳細を見ようとしてクリックした途端、今回限りの最安値として3割ぐらいディスカウントした料金が表示されるのです。そこに、ややこしいことに(国際版なので…)税・サが追加されるのですが、それでも2万円未満に設定されています。

 

ためしにここ「ホテル予約ならHotels.com」から入って、
 「 ザ・スクリーン 」を左上の検索ボックスにいれてみて下さい。(ホテル名でも地名でもいきなり入れていいのがうれしいですね♪)

 

これ一つで全部のブッキングを済ませられれば、どんなに楽かと思います。来日客と連絡をとりあっているときは、ほかで予約したものも、あとから英語ページを探し出して貼らなければいけません〜。




編集後記関連ページ

京都の紅葉
ひとり1万円以下の人気ホテルを中心にお宿のご紹介。京都では人気の旅館や町宿は高くて満室になる、という印象がありますが、ホテルは観光シーズンや年末年始でも意外とリーズナブルな料金で今からでも予約可能。